使用できる言語
English - 中文 - 日本語 - Bahasa Indonesia
V
動画 » ACSETは2014年の見通しとGCG。
2013年11月18日

建設会社、PT Acset Indonusa Tbkは、来年のパフォーマンスがビジネス上の大統領選挙の要因については、今年のと同じになると見ている。6月以降、インドネシア証券取引所に上場されている同社は、今年のパフォーマンスの同じ値、来年1.6兆ルピア(1.60億ドル)の新規契約を記録する予定。


プロジェクトのいくつかが来年に持ち越されると、9月の総オーダーブックは3.25兆ルピアである。一方で、それが公開企業が権限(OJK)によって規制が適用されているようにインドネシアの発行体のコーポレート・ガバナンスは、良くなっていると見ている。


2013年の最初の9ヶ月間を通じ、ACSETは、前年同期に3850億ルピアから53.25パーセント増、5900億ルピアの売上を記録した。当期純利益は前年同期期間から61.5パーセントをジャンプ、470億ルピアとなった。


 


 


出典:2013年11月4日にバリのヌサドゥアにおいて取締役社長、Tan Tiam Seng Ronnie氏。