INTP - PT. Indocement Tunggal Prakarsa Tbk

Rp 20.325

0 (0%)

【ジャカルタ】PT Indocement Tunggal Prakarsa Tbk (INTP)は、2490万トンのセメントの生産量、競争力の市場がますます増加する。主な競争相手、PT Semen Indonesia (Persero) Tbk (SMGR)、およびPT Holcim Indonesia Tbk (SMCB)は、2016年中、市場占有率をぎっしり把握している。Indocementの取締役社長、Christian Kartawijaya氏によれば、各企業は、独自の戦略に従事している。

「プラントの操作のボリュームとマージンの間に、常に選択があります。我々は、3つの企業から、見た通り、我々を含み、様々な方法を持っています。しかし、我々は、コストを節約するため、確かに、工場から近い場所で販売したいです」と彼はジャカルタ、2016年3月に、企業の露出公開で記者団に語った。

インドネシア第2位のセメント生産者の最高経営責任者(CEO)、Kartawijaya氏は、製造の場所に近いバイヤーと対処することは、物流コストを押し下げるた、重要な要素である。この戦略は、皆のプレイヤーから業界内の管理が同意すると主張する。

Kartawijaya氏によると、2014年に、完成した新工場で、競合他社、Semen Gresikは、は、次の年、有機的成長を促進することができなかった。彼も、Holcimは、販売量を高く増加させ、それが、最終的に動作マージンに影響を与えたと主張した。

彼は、「スマトラ、Semen Gresikの市場占有率は、よく成長していました。それは、Padangが、42.9%から 43.6%を増加しました。しかし、良く成長する一つがSemen Baturaja、南スマトラの右の市場に、パダンに位置しています」と追加した。

インドネシアの島、スマトラは、いくつかの大規模なプロジェクトを開始し、セメントの需要を高くプッシュしている。このような有料道路や鉄道などというインフラプロジェクトは、このようなPT Semen Baturaja (Persero) Tbk (SMBR)などという小さいプレーヤーのセメント産業が利益をもたらし、工場の場所はパダンにある。

Indocementの13セメント製造工場の以外、3つは、スカブミのSiam、カラワンのJuishin、BayahのSemen Merah Putihという新しい名がある。Kartawijaya氏は、「我々は、それらの3つのプラントから圧力を感じます。ほぼ損失した市場占有率が西ジャワにあります。中部ジャワも同じでした。すでに確立された2つのプラントでトゥバンエリアにHolcimがあり、あそこに、Semen Gresikもあります」とコメントした。

インドネシアのセメント協会(ASI)によると、2015年に、インドネシアのセメント産業は1.8%を増加した。考慮に入れ、全ての企業がASIに記録され、全国のセメント供給は、7800万トン、8%−9%を増加した。消費は、6100万トンを保持され、17万トンのセメントの供給過剰が得られた。(NR/CH)