INDY - PT. Indika Energy Tbk

Rp 1.355

+40 (+3,04%)

【ジャカルタ】PT Indika Energy Tbk (INDY)は、2016年に、33万メートルトン(MT)の石炭を生産する計画であり、または50万トンの2015年の石炭生産と比べ、減少した。石炭生産の減少は、グローバル市場にマイナスの影響を持ち、弱体化世界経済を反映する。

PT Indika Energy Tbkの取締役社長、M Arsjad Rasjid氏は、同社は、2016年の間、市場での弱体化需要に応答するため、石炭の生産を減少させると決めたと述べた。「市場がくなった後、同社は、石炭の生産が増加します。我々は、市場が来年、よりポジティブになると期待します」と彼は、ジャカルタ、同社の露出公開で語った。

彼は、彼らは、70%〜75%の石炭を輸出し、25%が国内市場のためである。最大の輸出は、中国などのアジア諸国である。国内で売却された同社の石炭は、発電所施設の電力を供給されると述べた。

PT Indika Energy Tbkの副所長、Retina Rosabai氏は、彼らは、依然として、石炭の在庫を準備している。一方、同社の在庫は、80万MTを達したと語った。「同社は、石炭の生産を減少させる計画ですが、我々は、依然として、アジア市場へ75%を輸出する計画です」と彼女は述べた。

Retina氏は、ベトナムのようなアジアの一部の国は、発電所を建設する計画を持ち、石炭企業が売却する機会を提供すると述べた。「それはちょうど傾向ですが、我々は、依然として、国に売却していないです」と彼女は語った。 (NR/LK)