CITA - PT. Cita Mineral Investindo Tbk

Rp 1.980

-5 (-0,25%)

「ジャカルタ」 PT Cita Mineral Investindo Tbk (CITA)は、彼らは今年にアルミナ売上を最大化することはできないので、2016年の終わりまでにそれは約110億ルピアまでの損失を推定する。2016年の第一四半期にわたり、同社は249億ルピアで損失を計上した。

Yusak Pardede氏、PT Cita Mineral Investindo Tbkの取締役は、同社がアルミナ生産の縮小に関する2016年に失うことになると述べた。「最後まで同社の推定突起はまだ約11百万米ドルの損失であり、最初の年に投影された会社の売上高は190万トンに達​​した」と彼がジャカルタで述べた。

彼によると、同社の売上高は、工場の2行目は2019年に運用となった後、今後数年間で回復することが期待される。PT Well Harvest Winning Alumina Refineryにより、アルミナ生産が生成される。

アルミナ精錬所の最初の行は、2016年末までに月産20万トン、純生産は60万トンを生産すると予測されている。しかし、管理プロジェクトのアルミナ精錬所最初の行には、年間100万トンのフル稼働に達するであろう。最初の行、2行目の製油所からの総アルミナの生産量は年間約2万トンに達​​するであろう。

(PW)