ACST - PT. Acset Indonusa Tbk

Rp 1.050

0 (0%)

【ジャカルタ】Astra Groupの基盤のスペシャリスト、PT Acset Indonusa Tbk (ACST)は、前半2016年、2.47兆ルピアの新契約を確保する。これらの契約は、インドネシア1、ミレニアム・センテニアル・センター、Sedayu市、およびキノ・オフィス・タワーを含んでいる。

第二学期2016年に入り、Acsetの経営は、特に、大規模なインフラプロジェクトであり、入札を獲得したいと考えている。

取締役副社長、Chandrawijaya氏は、「それは、民間・国営建設会社から見えます。彼らは、インフラセグメントを始まり、大きくなっていきます。我々は、トレンドの開発に合わせてインフラを押し向かいます。」と述べた。

ACSTは、基礎のスペシャリストとして知られても、基礎工事は、前半2016年、わずか30%の総収入を占めた。残りの貢献は、建設から派生される。さらに、最新の契約は、基礎の事業から占めされた2.47兆ルピアの合計は、わずか5%である。

Acsetの経営は、同社は、2015年の得た結果より、良い結果を獲得し続け、収入は、前年比、70%の成長を記録していることが自信満々である。Acset の取締役・共同創立者、Tan Tiam Seng Ronnie氏は、インドネシアの不動産セグメントは、最近、実装された税特赦政策で勢いを得ると想定する。(NR/CH)