ACST - PT. Acset Indonusa Tbk

Rp 1.245

-10 (-0,80%)

【ジャカルタ】請負業者、PT Acset Indonusa Tbk (ACST)は、2016年の残りの部分、二つの分野建設の入札を求めている。第一のプロジェクトは、建物の基礎や構造、第二のプロジェクトは、有料道路などという大規模なインフラに従事する。

Acset は、大規模なプロジェクトを手掛けるためは、権利発行を通じ、新株式を成功に発行し、1.27兆ルピアの株式を倍増している。「我々は、民間請負業者の中に、最大の株式を持っています」と取締役副社長、Jeffrey G. Chandrawijaya氏は、ジャカルタのInvestor Institution Dayで語った。

しかし、親エンティティ、Astra GroupのPT United Tractors Tbk (UNTR)の支援を受けても、Acsetの資本力は、国営建設会社のほんの一部である。なぜなら、Acsetは、大規模なプロジェクトを手掛けるため、積極的に、パートナーを求めている。

Acsetは、45%の利息で、第一インドネシア(Indonesia 1)を構築するため、中国企業のCCEEDと提携した。「インフラプロジェクトに入るとき、我々は、共同作戦で、資本力を拡大でき、能力を強化することです」とChandrawijaya氏が追加された。

後半2015年、インドネシアの大統領、Jokowi氏は、第一1インドネシア(Indonesia 1)のため、起工を発足した。ジャカルタに第二最高の高層ビルであると言われ、4.03兆ルピアの総契約を得た。第一1インドネシア(Indonesia 1)は、現在、創業期中である。

一方、Acsetは、Serpong−Balarajaの有料道路プロジェクトの収縮候補の一人であるかもしれない。経営は、入札を勝つため、積極的に追求していく。(NR/CH)