TBIG - PT. Tower Bersama Infrastructure Tbk

Rp 5.075

+50 (+1,00%)

【ジャカルタ】PT Tower Bersama Infrastructures Tbk (TBIG)は2019年、その運転資本を強化する為、定時株主総会でS$ 850 millionのグローバル債券を発行する株主承認を得た。

TBIGの取締役、Helmy Yusman Santoso氏がその定時株主総会は次のグローバル債券の8%利子を承認し、そのテナーは5年〜10年を設定されると語った。 「通例、それは5年〜7年間です。」と2019年5月21日(火)、Santoso氏はIDNFinancials.comに述べた。

Santoso氏がそのグローバル債券発行の収益は満期債務を再編する為、使途される。それに、その収益使用に関する詳細的な計画はない。斯くて、そのグローバル債券発行計画は見越であると説明した。「市場や資金コストが良い場合、我々は未払いローンの借り換えをする為、そのグローバル債券を使途します。」とSantoso氏は述べている。

2019年10月28日、満期債券がある。2018年10月19日、発行されたその債券はRp 628 billion、その利子は8.5%である。 (NR/KR/MS)