MGRO - PT. Mahkota Group Tbk

Rp 780

-25 (-3,11%)

【ジャカルタ】2019年4月まで、PT Mahkota Group Tbk (MGRO)は59,044トンの粗パームオイル、16,886トンのパーム核を生産できた。しかし、下がっているグローバル粗パームオイル価格の課題に直面していると認めた。

「第2四半期、我々が直面している課題は不安定なグローバル粗パームオイル価格や減っている果物房生産サイクルです。」と2019年6月11日(火)、Mahkota Groupの企業秘書役、Elvi氏はKontan.co.idに述べた。

2019年第2四半期、その収入はRp 1.4 trillionに達すると予測される。2019年4月まで、Rp 200 billionの設備投資の中にRp 53.2 billionを吸収した。それは製油所の発展の為、殆ど割当てられる。

現時点で、製油所運用を発展することによって下流事業を開発している。その工場は一日当たり1,500トンの料理用油の生産量を、核粉砕工場は一日当たり400トンのパーム核を生産する。

Elvi氏がその工場発展の進歩はこれまで、70%に達したと説明した。また、当社は2019年末まで、運営上目標により人材や原料供給チェーンや市場検討の準備を行っている。 (NR/MS)