【ジャカルタ】シンガポールのベンチャーキャピタル企業、Antlerは毎年、少なくとも20インドネシア新興企業を養成する為、2020年上期、インドネシアでオフィスを設立すると発表した。

「そのプログラムは2020年上期、インドネシアで打上げられ、我々はそれを試す為、50名創設者から始まります。」と2019年9月11日(水)、DealStreet Asiaが引用されたように、Antlerの共同創設者兼業務担当社員、Jussi Salovaara氏は述べた。

Salovaara氏がジャカルタは「大きく未開発潜在的」の為、選ばれたと付け加えた。現在、Antlerはインドネシアオフィスの現行の経験のある最高経営責任者(CEO)を求めている。

「我々はAntlerを営む為、トップ人達を必要とします。適任者を見つけると確認する為、現行頭目を選ぶことが大変批判的です。」とSalovaara氏は述べた。(NR/MS)