【ジャカルタ】2019年9月18日、PT Mitrausaha Indonesia Group (Modalku)はPT BPR Varia Centralartha (Bank Varia)、PT BPR Bekasi Binatanjung Makmur (BPR BBTM)およびPT BPR Sukawati Pancakanti (BPR Kanti)との連携に締結した。その協力形は共同資金調達又は協調融資と一般にと呼ばれる。そして、その4社はミクロ中小企業の借用者を融通する為、資金を共同に収集する。

情報上、協調融資システムは1銀行又は1金融機関が融通され、借用者が提案された融資額はあまり大きすぎる場合、実装される。従って、幾つかの金融機関はそのローンを統一融通される。

Modalkuの共同創設者兼最高経営責任者(CEO)、Reynold Wijaya氏は「BPRと協調出来、大変嬉しく思っております。この協調は国内のミクロ中小企業の発展を通し、インドネシア経済を強化する為、フィンテックおよび銀行が同じヴィジョンにより協力出来るという証拠です。」と語った。

その協調はModalkuがその運営上地域を限らなく、より多くのユーザーに届ける可能性がある。Wijaya氏がModalkuはBank Varia及びBPR BBTMの為、ブカシ、BPR Kantiの為、バリ、という運営上地域の社会の特有やニーズを認識する為、BPRを信じていると付け加えた。 (NR/LM)