MCOR - PT. Bank China Construction Bank Indonesia Tbk

Rp 105

0 (0%)

【ジャカルタ】Sinarmasグループの子会社、PT Sinar Mas Multiartha Tbk (SMMA)はPT Bank China Construction Bank Indonesia Tbk (MCOR)の第5限定募集のスタンド バイバイヤーとなった後、MCORの支配株主となる可能性がある。

MCORは2016年、PT Bank Windu Kentjana International TbkおよびPT Bank Antarctaerahの間の合併の結果である。

Bisnis Indonesiaが引用されたように、2019年10月17日、MCORが発行された趣意書によると、CCB Corporationは一株当たりRp 100により320億新株を発行する。それは第5限定募集を完成した後、65.80%の総株数に等しい。

各既存株主は新株引受権を得る。しかし、株主は割前に関連する権利を使用しない場合、それらの株式所有権は65.80%に希釈され、スタンド バイバイヤーとして、SMMAが引き継がれる。

これまで、CCB Corporationは99.7億株、60%の所有権によりMCORの支配株主である。 (NR/AM/AR)