【ジャカルタ】中央統計局(BPS)は2019年10月、US$ 14.77 billionのインドネシアの輸入取引額を記録し、US$ 14.23 billionの2019年9月に比べ、3.57%伸びた。しかし、それはUS$ 17.66 billionの2018年10月に比べ、前年比、16.39%低下した。

中央統計局(BPS)のプレスリリースによれば、2019年10月、増えた輸入はUS$ 1.59 billionからUS$ 1.76 billionに伸びた石油・ガス輸入額が支援されたが、それはUS$ 2.91 billionの2018年10月に比べ、低下した。一方、非石油・ガス輸入額は2019年10月、US$ 13.02 billion、2.73%伸び、US$ 14.75 billionの2018年10月に比べ、低下した。

増えた非石油・ガス輸入額源はUS$ 122.8 millionの電装装置によるものであった。一方、機械的航空機エンジンはUS$ 109.9 billionに減少した。2019年1月〜10月の非石油・ガスの最大の輸入先は中国、日本およびタイであった。 (NR/LK/MS)