PTPP - PT. Pembangunan Perumahan (Persero) Tbk

Rp 985

-10 (-1,01%)

ジャカルタ-PT PP Tbk(PTPP)は、来年度のために8兆ルピアからRp 10 trillionの範囲の資本支出(設備投資)を準備する予定です。設備投資の大部分は、水、有料道路、新しい再生可能エネルギー部門のプロジェクトに使用されます。

Kontanから報告された今年のPTPPは、Rp 8 trillion - Rp 9 trillionの範囲で設備投資を予算化しました。これまで、2019年の設備投資の吸収はRp 4 trillionに達しており、年末までにRp 5 trillionに達すると予想されている。

「最大の吸収は都市住宅にあります。有料道路、ソロの廃棄物発電所、マカッサル鉄道、飲料水供給システム(SPAM)もあります」と、コンタンから引用されたPTPPの取締役とLukman Hidayatは述べた。

詳しくは、2019年10月まで、PTPPは最大26.7兆ルピアの新しい契約額を達成しました。プロジェクトの構成は、EPC 46%、インフラストラクチャ26%、建物16%、子会社12%で構成されている。(LM)