【ジャカルタ】 PT Uni-Charm Indonesia Tbkは事業発展の為、Rp 800 billionの設備投資を用意する。

Unicharm Indonesiaの金融担当重役、おにし・じゅんいちろ氏がその設備投資源は当社の株式公開の資金によるものであったと語った。

「そのRp 800 billionの設備投資は土地延長を発展し、ヘルスケアや女性ケアの製品の生産設備の保守の為、使途」されます。」と2019年12月20日(金)、おにし氏はジャカルタのインドネシア証券取引所ビルの本堂で述べた。

現在、当社はカラワンやモジョケルトにおける4工場を運営している。その総生産能力は年毎に80億製品であり、その総平均利用率は82%である。その利用率によって、次の2、3年間以内に新工場を追加する予定はない。 (NR/AM/AR)