【ジャカルタ】財務省は2.20%の国内総生産又はRp 353 trillionの赤字を記録した2019年国家予算実現を記録した。

その赤字は1.89%の国内総生産、Rp 279.7 trillionの2018年に比べ、 伸びた。

「その赤字実現はRp 296 trillion又は1.84%の国内総生産の最初の目標から2.2%の国内総生産に伸びました。」と2020年1月7日(火)、財務省、Sri Mulyani Indrawati氏は述べた。

Sri Mulyani氏によると、その赤字は国庫の歳出に比べ、歳入の方が低下した原因であったそうである。その歳入は低迷するグローバル経済に影響を与えた。

2019年、国庫歳入はRp 2,165.1 trillionの設定された目標の90.4%、Rp 1,957.2 trillionを記録された一方で、国庫歳出はRp 2,461.1 trillionの設定された目標の93.9%、Rp 2,310.2 trillionを記録された。 (NR/AM/MS)