【ジャカルタ】運輸省、Budi Karya Sumadi氏が中部ジャワのブロラのグロラム空港建設を行うと語った。それは2020年1月11日(月)、中部ジャワのスマランに就労訪問の間に述べられた。

運輸省はグロラム(Ngloram)空港の滑走路やターミナル建設を拡張する為、予算を提供する。その発展目標は2021年、完成され、運営される予定である。

現在、グロラム空港は1,200 m x 30 mの滑走路を持っており、乗客ターミナルは未だに、ない。将来的に、グロラム空港を発展する4段階がある。

その滑走路の1段階は1,400 m x 30 mに、エプロンの84 m x 60 mに拡張され、240平方メートルの乗客ターミナルの建設、その収容は年毎に50,000名未満の乗客である。営業用空港に直ちに運用出来るよう、この段階は2020年末まで、完成される予定である。 (NR/LM)