【ジャカルタ】Telkomselは国内の5最優先観光地に特に、4Gネットワーク、ネットワーク質を向上し、強化した。観光客の通信ニーズを仕える為、トバ湖、リクパン、ボロブドゥール、マンダリカ、ラブアンバジョという観光地の広帯域ネットワークの容量を伸ばした。

Telkomselのネットワーク担当重役、FM Venusiana R氏は「我々はインドネシア全土の観光を前進する政府を支援し続けます。特に、今年、政府が注力する5最優先観光地における当社の4G広帯域ネットワークを強化し、追加しました。インドネシアの観光の可能性は大変大きく、外国から来た観光客数も毎年、伸び続けます。また、これはその5所在地のデジタル生態系の形成を支援し、奨励します。」と述べた。

その5最優先観光地の広帯域ネットワークアクセスを支援する為、4G基地局インフラを330以上に追加した。

現在まで、209,000以上の基地局を建て、その160,000は4Gと3G基地局である。 更に、約14,990基地局は3T地域からインドネシア国境地域まで含んでいる。 (NR/LM)