【ジャカルタ】Mandiri Sekuritasがジャカルタ総合指数(JCI)は幾つかの支援気概の為、2020年、6,875に達成出来ると予測する。

Mandiri Sekuritasの取締役、Silva Halim氏がその気概はインドネシアの資本市場の投資契機を支援したと語った。「我々は2020年、3大きなテーマがあると分かります。それはインドネシアの資本市場の成長の触媒です。それらは政策改革、業界整理、消費から投資に変更する傾向です。」と2020年1月27日(月)、Halim氏はKontanに述べた。

情報上、JCIは2019年、6,299.54、1.69%伸びた。しかし、2020年頭以降、それは1.71%低下している。

にもかかわらず、Halim氏が下がったジャカルタ総合指数(JCI)は未だに、かなり普通であったと判断した。(NR/KR/AR)