GOLL - PT. Golden Plantation Tbk

Rp 50

0 (0%)

【ジャカルタ】PT Golden Plantation Tbk (GOLL)は倒産後、資本を注入する投資家を求めている。

GOLLの取締役社長、Budhi Istanto Suwito Saat氏がGOLLはその2子会社が債務を返済しなかった為、倒産を宣言されたと語った。支払われる債務額はUS$ 76.5 millionやRp 150 billionである。

Budhi氏が倒産した子会社の一つは8,456ヘクタールのプランテーション面積を、17,562ヘクタールの譲歩面積を持っているPT BRIであると語った。GOLLが所有される総面積は63,441ヘクタールであり、そのプランテーション面積は24,686ヘクタールに達した。

Budhi氏によると、GOLLの76.5%の株主は投資家を見つける計画を承認した。それは株主総会で述べられた。更に、投資家は全て又は一部の資産の担保を、第三者から受けるローンの担保を提供することに合意した。

また、インドネシア証券取引所(IDX)は上場廃止する可能性に関してGOLLを警告した。その株式は2021年まで、24ヶ月間、停止されている。 (NR/AM/AR)