ACST - PT. Acset Indonusa Tbk

Rp 282

-12 (-4,26%)

ジャカルタ-2020年3月12日現在、PTジャセマルガジャランラヤンチカンペック(JJC)からPT Acset Indonusa Tbk(ACST)が5.5兆ルピアを支払い、ジャカルタ-チカンペックII有料道路(Japek II)が完成しました。 PT Waskita Karya(Persero)Tbk(WSKT)との合弁事業で。

IDNFinancials.comが受け取った公式声明によると、この金額はJapek IIプロジェクトの全体的な価値の95%です。プロジェクトの100%の進捗に対する残りの支払いは、JJCとACST-WSKTジョイントベンチャーとの間の合意に従い、次の段階でJJCによって行われます。

「この支払いにより、将来のJapek IIプロジェクトに対するAcsetの資金調達コストはなくなります。これにより、Acsetのキャッシュフローと運転資本も改善されます。」ACSTのジェフリーG.チャンドウィジャヤ所長は火曜日(17/2)に語った。

Japek II有料道路は2019年12月12日にJoko Widodo大統領によって開業し、2019年12月15日から営業しています。有料道路は38 kmで、インドネシアで最も長く、ジャカルタ-チカンペックの混雑を緩和するために建設されましたI Toll Roadは、インドネシアで最も混雑している有料道路です。 (MS / PW)