TBIG - PT. Tower Bersama Infrastructure Tbk

Rp 1.125

+45 (+4,17%)

【ジャカルタ】PT Tower Bersama Infrastructure Tbk (TBIG)はRp 1.5 trillionのTower Bersama Infrastructureの2020年第4相第3発行登録債を発行した。

その債券額は370日間テナー、6.25%の固定資本を持っているRp 633 billionおよび3年間テナー、7.75%の固定資本を持っているRp 867 billionである。その債券発行による利益はその子会社の融資負債を返済する為、その残りUS$375 millionはリボルビングローンファシリティの為、使途される。

その債券はフィッチ・レーティングスインドネシアが「AA-」格付けを授与され、2020年3月26日(木)にインドネシア証券取引所に上場された。

「我々は十分で傾倒未引き出し有効を持っている完全ヘッジや長期で大変強力な債務構成を持っております。」と2020年3月24日(火)、IDNFinancials.comが受けた公式声明にTower Bersamaの最高経営責任者(CEO)、Hardi Wijaya Liong氏は述べた。

「TBIGの第4相第3債券は多様化され、当社の資本構成を強化します」。 (NR/MS)