ASII - PT. Astra International Tbk

Rp 5.400

+25 (+0,46%)

【ジャカルタ】PT Astra International Tbkは2020年第1四半期、129,715台車を売却し、2019年第1四半期に比べ、3.36%低下した。

その数字はアストラが管理されるインドネシア自動車産業協会(Gaikindo)のデータに明らかにされた。累算的に、2020年第1四半期の車売上は236,825台、6.88%減少した同期間の国内市場の車売上に比べ、良かった。

しかし、その売上データは小売売上ではなく、卸売売上データである。その売上データは顧客への売上ではなく、工場から各ブランドのディーラーネットワークへの売上のみを記録すると言うことである。

Astra Internationalのインベスターリレーションズ所長、Tira Ardianti氏がそのデータはCOVID-19の影響を計算しなかったと語った。Tira氏によると、工場からディーラーへの売上レベルがあまり多く変わらないように、生産は普通に行われているそうである。

Tira氏によると、COVID-19の発生は小売市場の車需要に影響を受けたそうである。 (NR/AM/AR)