CINT - PT. Chitose Internasional Tbk

Rp 232

-2 (-1,00%)

【チマヒ】世界的経済は現在、商戦やCovid-19の世界的流行の為、低迷しても、PT Chitose Internasional Tbk (CINT)は2020年、家具製品の売上成長を達成出来ると楽観的である。それは西ジャワのチマヒで開催された当社の公開露出で述べられた。その公開露出における、当社の経営陣はRp 430 billion、4%伸びる売上を目指している。

「当社はCovid-19の世界的流行の為、低迷する世界的経済の傾向の間に楽観的に留まります。その上述な戦略を通し、我々は当社の2020年の業務目標通りに信頼(信頼)を維持し続け、効率(効率的)を適用し続けながら、革新で敏感(敏捷)であるままになるよう、願っております。昨年に比べ、今年、Rp 16 billion、122%伸びる純利益も目指します。」とCINTの取締役、Timatius Jusuf Paulus氏は説明した。

情報上、当社は2019年中、積極的な業績成長を記録した。その純売上はRp 411.78 billionを記録され、Rp 370.39 billionを記録された2018年に比べ、11.18%伸びた。

その増えた売上は10.91%伸びた国内市場、16.28%伸びた輸出市場に発生した。その純売上は31%の折りたたみ椅子セグメント売上、28%のホテル・大広間・レストランセグメント、25%のオフィス家具セグメント、12%の教育セグメント、4%の病院・その他のセグメントから成り立つ。 (NR/LM)