ジャカルタ-インドネシアは、サンゴ、漁業、食料安全保障のためのコーラルトライアングルイニシアチブ(CTI CFF)の戦略的パートナーシップと資金調達を促進する財源ワーキンググループ(FRWG)の議長として再選されました。

CTICFF国家事務局の事務局長を兼務する海事水産省の海洋空間管理局長であるAryoHanggonoは、この外交努力に感謝の意を表した。

「FRWGの議長として再選されたインドネシアを祝福したい。国益のための海洋外交はCOVID-19パンデミックの中で止まらない。CTICFFを通じて、インドネシアは、特に地域の持続可能な資金調達の面でリーダーシップを発揮することができた。海洋資源、特にコーラルトライアングルにおけるサンゴ、漁業、および食品安全保障の管理」と、ハンゴノ氏は月曜日(4/5)のプレスリリースで述べた。

先週末にFRWGが開催した仮想会議で、インドネシアの代表団は、インドネシアがCTI CFFの地域行動計画(RPOA)の効果的かつ効率的な実施を確保するための持続可能な資金調達メカニズムの確立を引き続き奨励することを確認した。資金調達メカニズムは、CTI CFFの3つの優先管理プログラム、すなわちSulu Sulawesi Seascape、Lesser Sunda Seascape、およびBismarck Solomon SeasSeascapeをサポートするために使用されます。 (LK / MS / PW)