【ジャカルタ】BNI Syariahは2020年第1四半期、Rp 214.01 billionの純利益を記録し、Rp 135.35 billionの2019年第1四半期に比べ、58%、伸びた。それは均衡金融ポートフォリオや高い当座勘定貯蓄勘定の構成を持っている最適な増えた預金が支援された。

BNI Syariahの取締役社長、Abdullah Firman Wibowo氏が2020年第1四半期末までの増えた資本や業績はBNI SyariahをBUKU 3に格上げさせ、Rp 5 trillion以上の自己資本を持っていると語った。

2020年第1四半期、銀行はRp 32.33 trillionの資金を流通し、Rp 29.44 trillionの2019年第1四半期に比べ、9.80%伸びた。その最大の融資構成はRp 15.71 trillion(48.6%)に及んだ消費者セグメントが貢献された。そして、Rp 8.01 trillion(24.78%)を貢献した商業セグメント、Rp 6.69 trillion(20.68%)を貢献した中小企業セグメントが続いている。

情報上、口座数は315万の2019年第1四半期に比べ、2020年第1四半期、353万に増加した。実装された戦略は機関や大学や学校やプサントレンやコミュニティーとの協調を含んでいる。 (NR/LM)