【ジャカルタ】通商省は輸出税の条規の為、粗パームオイル基準価格を2020年6月のメトリックトン当たりUS$ 568.94、10.42%に削減した。

通商省の外国貿易の事務局長、Wisnu Wardhana氏がを2020年6月の粗パームオイルは輸出税を減免されたと語った。「現時点で、粗パームオイル基準価格はメトリックトン当たりUS$ 750以下にあります。その為、政府は2020年6月のそのメトリックトン当たりUS$ 0の輸出税を課します。」とプレスリリースを通し、Wardhana氏は説明した。

一方、2020年6月のココア豆の基準価格はメトリックトン当たりUS$ 2,392.59に設定され、2020年5月の価格に比べ、4.79%伸びた。

通商省によると、増えたココア豆の基準価格は国際市場のココア豆の強化な価格が引き起こされたそうである。にもかかわらず、2017年13号財務省の規制によって、それは輸出税(5%)額を変更しなかった。 (NR/KR/AR)