ZINC - PT. Kapuas Prima Coal Tbk

Rp 135

0 (0%)

【ジャカルタ】PT Kapuas Prima Coal Tbk (ZINC)は2019年、Rp 885.1 billionの売上高を記録出来、Rp 754.5 billionの2018年に比べ、17.3%伸びた。

ZINCの2019年12月31日財務諸表によれば、収入への貢献はRp 474.15 billionを貢献した亜鉛の売上高が支配された。そして、方鉛鉱鉛の売上高はRp 205.15 billionを、銀の売上高はRp 204.24 billion、鉄鉱の売上高はRp 1.55 billionを記録された。一方、2018年、亜鉛の売上高はRp 432 billionを記録された。方鉛鉱鉛の売上高はRp 219.70 billionを、銀の売上高はRp 102.34 billionを記録された。

ZINCの取締役社長、Harjanto Widjaja氏がその実績は目標を超え、増えた卑金属品が支援されたと語った。2019年、その鉱石は476,000トンを生産され、前年比、39.4%伸びた。

「今年に関して、ZINCは600,000トンの鉱石を目指します。その数字は476,000トンの昨年の生産以上です。又、我々は約US$ 50 million〜US$ 80 millionの亜鉛と鉛精鉱の売上高を目指しますが、インドネシアや世界的の経済の不確実を引き起こした多くの要因の為、今年6月後、当社の目標に与えられた影響を更なる監視していきます。」とHarjanto氏はリリースに述べた。

2019年、その運営費はRp 115.58 billionを、その他の経費はRp 35.17 billionを記録された。結果として、その純利益は2019年、Rp 178.60 billionを記録され、Rp 110.15 billionの2018年に比べ、62.3%伸びた。 (NR/LM)