【ジャカルタ】財務大臣、Sri Mulyani Indrawati氏が財務省はこれまで、コロナウィルス(COVID-19)世界的流行を取り扱う医療先頭者の為、Rp 10.45 billionの刺激を流通と語った。

「1,205名の衛生要員はRp 10.450 billionの刺激を受取りました。」と2020年6月3日(水)、Antaraが引用されたように、Sri Mulyani氏はテレビ会議で述べた。彼女がその資金は中部ジャカルタのKemayoran Athletes Village及びリアウ島のガラン島における救急病院で働く先頭者達に流通されたと付け加えた。

Sri Mulyani氏によると、現在、保健省はジャカルタの19軒の病院及びジャカルタ以外の110軒の病院における衛生要員の刺激を確かめているそうである。

全般的に、財務省はジャカルタの衛生要員の為、Rp 1.9 trillionを、ジャカルタ以外の衛生要員の為、Rp 3.7 trillionを予算した。

「我々はこれらの刺激の流通速さを奨励し、支援し続けます。保健省はその資金割当に責任があります。」とSri Mulyani氏は述べた。 (NR/MS)