ACST - PT. Acset Indonusa Tbk

Rp 197

-13 (-6,60%)

【ジャカルタ】PT Acset Indonusa Tbk (ACST)は今年、株主割当発行を通し、資本を増やす予定である。その企業行動において、50億株を発行する。

その決定は2020年6月8日(月)、東ジャカルタのUnited Tractorsの大舞踏室で開催された臨時株主総会で決められた。当社は2019年、Rp 1.1 trillionの純損失を記録した後、その株主割当発行が資本構成を強化出来るよう、期待する。

「ACSTはプロジェクト完成が遅延された結果として、大きく下がった利益によって、2019年を終えました。これはプロジェクト完成を加速する為、資金調達や一般費用やその他の経費を増加させました。」とIDNFinancials.comが受取った公式声明にACSTの会社通信役副手、Theresia Phang氏は述べた。

さらに、その臨時株主総会はJeffrey G. Chandrawijaya氏を入れ替え、取締役社長としてIdot Supriadi氏の任命も承認した。以前、Supriadi氏はPT United Tractors Tbk (UNTR)の製品支援役重役として務めた。 (NR/MS)