BBKP - PT. Bank KB Bukopin Tbk

Rp 488

-2 (-0,41%)

【ジャカルタ】本日(2020年6月15日)、金融庁(OJK)は韓国の最大の資産を持っている銀行の一つ、Kookmin BankがPT Bank Bukopin Tbk (BBKP)の51%株を持っていることによりその支配株主となる覚悟が出来ていると発表した。

以前、Kookmin BankはBBKPの22%株のみを所有した。

これまで、Kookmin BankはBBKPの支配株主となる為、エスクロー口座にUS$ 200 millionを預金した。又、その資金はBBKPの資本構成を強化する為、使途される。

金融庁(OJK)の広報物流副監査役、Anto Prabowo氏が金融庁はBBKPの支配株主となるKookmin Bankの計画を歓迎し、支援した。その企業行動はBBKPの資本やガバナンスを強化すると語った。

「事業改善取組を支援するプロ経営を生成する事を含みます。」と公式声明を通し、Prabowo氏は述べた。

インドネシア証券取引所における本日(2020年6月15日)の取引の終わりにBBKPの株価は一株当たりRp 198、3.88%、8ポイント低下した。 (NR/KR/AR)