BSDE - PT. Bumi Serpong Damai Tbk

Rp 715

+10 (+1,42%)

【ジャカルタ】PT Bumi Serpong Damai Tbk (BSDE)はその株主割当発行の間に参加するPT Paraga Artamida (PAM)及びPT Ekacentra Usahamaju (ECUM)である2名の主要株主から収監状を受取った。その株主割当発行を通し、Rp 1.23 trillionを目指す。

BSDEの取締役、Hermawan Wijaya氏がPAMは13.5億株を取る。一方、ECUMは577.4百万株を取ると語った。その後、BSDEにおけるPAMの株式は26.57%から30.52%に伸びる。一方、BSDEにおけるECUMは25.01%から5.46%に伸びる。

「我々は当社の資本構造をを強化し、プロジェクトやインフラ発展や準備金の為、これらの新株発行からの資金を使途します。」とWijaya氏は本日(2020年6月18日)の情報開示に説明した。

その株主割当発行に関して、BSDEは一株当たりRp 640の権利行使価格を設定した。それは一株当たりRp 820に及んだ13時53分WIBに本日(2020年6月18日)の取引に比べ、下がる。(NR/KR/AR)