【ジャカルタ】塩基性金属工業と食料工業はCOVID-19の世界的流行の影響の間にも、その輸出額実績を通し、外国為替に大幅に貢献出来た。累積的に、2020年1月〜5月、製造セクターは国家輸出業績への最大の貢献者に留まった。

「金属工業セクターの積極的な記録は国内原料の付加価値を増やし、国際市場のニーズを満たせることによって、下流施策がうまく行けるとみせます。」と2020年6月19日(金)、工業大臣、Agus Gumiwang Kartasasmita氏は述べた。

塩基性金属工業は2020年1月〜5月、US$ 9.2 billionの好調な輸出額を記録出来、約US$ 6.5 billionの2019年同期に比べ、41%伸びた。さらに、食料工業はCOVID-19の世界的流行の圧力の間に輸出業績を積極的に刻み出せた。

2020年1月〜5月、食料工業の輸送額はUS$ 11.4 billionに及び、約US$ 10.5 billionの2019年同期に比べ、8%伸びた。 (NR/LM)