【ジャカルタ】財務大臣、Sri Mulyani Indrawati氏は0.4%の減少の推定によって、インドネシアの2020年経済成長見通しを2.3%から約1%に削減した。

「我々は下期、大幅な低下があると分かった為、2.3%〜1%の上限を修正しました。」とAntaraから引用されたように、Sri Mulyani氏は2020年6月18日(木)、衆議院予算委員会との業務会議で述べた。

Sri Mulyani氏がその実数字は第3や4四半期の経済回復努力に高く頼ると語った。Sri Mulyani氏は経済に57%を貢献した家計消費はコロナウィルス(COVID-19)世界的流行の為、第2四半期、0%低下すると推定する。

「どうやって我々が次の四半期にインフレを回復出来るんでしょうか。それが2020年の経済回復シナリオの最も不可欠な部分となるでしょう。そして、2021年、動量を加速出来るよう、願っております。」と元世界銀行専務取締役は述べた。

その上、Sri Mulyani氏が2021年の経済成長見通しは2021年マクロ経済枠組み財政政策大綱(KEM-PPKF)通りに4.5%〜5.5%の範囲以内に留まると付け加えた。

「2021年、我々の経済成長は以前、我々が衆議院会員に発表したKEM-PPKF通りに4.5%〜5.5%の範囲以内に及ぶようです。」とSri Mulyani氏は完結した。 (NR/MS)