【ジャカルタ】総合株価指数(JCI)は本日(2020年6月19日)の最初の取引セッションの終わりに4,942.12、0.34%、16.88ポイント上昇した。それは4,925.24終値の前日後、本日の午後まで、4,925.24〜4,969.87の範囲内に動きを見せた。

本日の最初の取引セッションに低迷した4つセクターはインフラセクター、不動産セクター、鉱業セクター及び農業セクターであった。残り6つセクターは強化し、JCIを増加させた。1.74%最大に伸びたセクターは基礎産業セクターに発生した。

本日の最初の取引セッションのLQ45トップゲイナーはPT Indocement Tunggal Prakarsa Tbk (INTP)、PT AKR Corporindo Tbk (AKRA)及びPT Charoen Pokphand Indonesia Tbk (CPIN)であった。 (NR/LM)