【ジャカルタ】PT Asuransi Allianz Life Indonesia (Allianz Life)は2019年、総加重契約保険料のRp 13.2 trillionを記録し、2018年に比べ、23.8%伸びた。代理店やバンカシュランス流通チャネルはその成長への主要支援者であった。その増えた総加重契約保険料につれて、2019年、Rp 1.18 trillionの純所得を記録し、2018年に比べ、48.7%伸びた。

「我々はインドネシアにおけるより多くの国民に保険を掛ける事に注力し、専念しました。多種流通戦略を通し、当社の顧客により入手しやすく、一次保険解決を提供出来ると考えます。顧客は保険カバレッジを申込む日から請求を提出する事まで、利便でユニークな体験を得る権利があります。」とAllianz Life Indonesiaの国管理者兼取締役社長、Joos Louwerier氏は述べた。

情報上、Allianz Lifeは2019年、262,000以上の保険請求を流通し、Rp 7.8 trillionの便益を記録し、2018年に比べ、14.2%伸びた。

AAJIの2019年第4四半期報告によれば、その加重新契約ビジネス保険料は18.2%伸び、平均市場成長を11.1%に抑えた。その上、その総加重新契約保険料は20.7%伸びた。27.6%伸びた加重新契約ビジネス保険料を見せたとき、2020年第1四半期、成長し続けた。そして、その平均市場成長は4.4%に抑えた。その総加重新契約保険料は21.2%高く記録された。 (NR/LM)