【ジャカルタ】国際通貨基金(IMF)はCOVID-19の世界的流行の為、世界的経済不況は4月の予想に比べ、悪化すると見せた新予想をリリースした。

「我々は現在、2020年に悪化する不況を、2021年により緩慢な回復を予測しております。」と本日(2020年6月25日)の公式声明を通し、経済相談員兼国際通貨基金(IMF)の研究部長、Gita Gopinath氏は述べた。

4月、国際通貨基金(IMF)が2020年の世界の国内総生産は3%減少すると予測した。しかし、現在、それは4.9%に低く悪化になると予測する。そして、幾つかの国々の部分的回復は2021年まで、発生する。

Gopinath氏がその悪化な予想は無統制な世界的流行が影響されたと語った。「どのくらい世界的経済回復が強くなるかも大変不確実です。そして、幾つかの国々のセクター数に与えられた世界的流行の影響は気紛れでもあります。」とGopinath氏は説明した。

インドネシアを含むアセアン新興国市場の国内総生産の成長は2%低下すると予測される。中国は1%伸びた場国内総生産の成長を維持出来ている新興国市場のみであると推定される。 (NR/KR/AR)