AGII - PT. Aneka Gas Industri Tbk

Rp 525

-10 (-1,87%)

【ジャカルタ】PT Aneka Gas Industri Tbk (AGII)はRp 500 billionの発行登録債プログラム及びRp 1 trillionの発行登録スクークムダラバーの為、フィッチ・レーティングスから安定な見通しを持っている「A-idn」格付を受取った。

フィッチ・レーティングスの一次格付アナリスト、Bob Jasper氏がCOVID-19の世界的流行の間にガス需要はAGIIの売上に影響を与えたと認めた。しかし、フィッチがAGIIは病院や診療所の送風機の為、使用される医療ガスセグメントからの増加を受取ると予測する。

「それは当社が位付けの為、クレジット測定基準レベルを維持させることが出来ます。」と公式声明を通し、Jasper氏は述べた。

情報上、医療がずは2019年、AGIIの総売上に25%を貢献した。フィッチがAGIIの医療ガスセグメントの市場占有率は85%に達する為、その医療ガス販売量は急増すると推定する。

一方、連結的ガス販売量は年末まで、約9%減少すると予測される。それでも、フィッチがAGIIの金利、税金および減価償却前利益(EBITDA)は5%のみ低下すると推定する。「なぜなら、利益率がより高いです。」とJasper氏は述べた。 (NR/KR/AR)