LPPF - PT. Matahari Department Store Tbk

Rp 1.005

-25 (-2,49%)

【ジャカルタ】小売技術に従事する新興企業、Perpuleは東南アジア地域向け「E-Commerce +」プラットフォームを打上げた。そのプラットフォームはStarbucksやPT Matahari Department Store Tbk (LPPF)など幾つかの大規模小売業者を仕えている。

Perpuleの最高経営責任者(CEO)兼共同創設者、Abhinav Pathak氏は「E-Commerce +」プラットフォームが東南アジア市場の積極的な答弁を得ると楽観的であったと語った。Perpuleのデータによると、東南アジア市場の価値はUS$ 700 billion以上に及び、今年、25%伸びると予測される。

「我々はインドネシア、マレーシア、ベトナム、タイ、シンガポール、フィリピンで当社の臨在を正式に発表出来、大変嬉しく思っております。」とPathak氏は本日、idnfinancials.comに述べた。

これまで、PerpuleはBig Bazaar、Shoppers、Stop、Starbucks、HyperCity、Vishal MegaMart及びLPPFのファッション小売網、Matahariなど幾つかの大きなブランドを仕えている。

LPPFの最高財務責任者、Niraj Jain氏が当社は小売事業の課題を応じる為、Perpuleと新プロジェクトを先鞭していたと確認した。Jain氏はPerpuleが開発されるプラットフォームはLPPFの小売事業の成長を支援出来ると語った。

idnfinancials.comのデータによれば、Perpuleは2016年にインドで営業し始めた。設立されて以来、PerpuleはUS$ 5.3 million又は約Rp 76.5 billionの資金調達を得た。 (NR/KR/AR)