【ジャカルタ】インドネシアパームオイル協会(GAPKI)は265万トンを記録された2020年4月に比べ、2020年5月、243万トン、8.3%減少した粗パームオイル輸出量を発表した。

インドネシアパームオイル協会(GAPKI)の社長、Mukti Sardjono氏がその減少は下がった加工粗パームオイル輸出が原因であったと語った。その上、その下がった輸出は粗パームオイルと大豆油の間の価格競争が左右された。「一般的に、これは粗パームオイルと大豆油の間の小さな価格差が原因です。」と2020年7月12日(日)、Sardjono氏はidnfiancials.comに述べた。

インドネシアパームオイル協会(GAPKI)が中国への輸出は87.7千トン、21%低下した一方で、81.5千トン、16.62%低下した欧州連合、4万7千トン、23.4%低下したパキスタン及び38.6千トン、9.2%低下したインドと言うその他の輸出先を記録した。

そして、国内需要は138万トン、1.64%も減少した。一方、粗パームオイルの平均価格はトン当たりCIFロッテルダムUS$ 526に下落傾向を続けた。 (NR/KR/AR)