【ジャカルタ】インドネシア政府が所有される住宅ローン金融会社、PT Sarana Multigriya Finansial (Persero)又はSMFは2020年10月に満期する債券を返済する為、Rp 685.2 billionを用意したと主張した。

SMFの取締役、Trisnadi Yulrisman氏がその債券はSMFの第2相第4発行登録債Bシリーズと言い、2017年に発行されたと語った。しかし、Yulrisman氏がそれは数ヶ月に満期し、当社はその債券の元金や利子を返済する為、資金を用意したと認めた。

「その資金は現在、預金の形に預けられます。」と情報開示を通し、Yulrisman氏は述べた。

詳細的に、支払われるその債券の元金はRp 673 billionである一方で、支払われるその利子はRp 12.2 billionである。

情報上、SMFは2019年、Rp 396.34 billion、16.6%伸びた収入を記録した。しかし、その純利益はRp 324.17 billion、4.63%低下した。 (NR/KR/AR)