BEEF - PT. Estika Tata Tiara Tbk

Rp 193

+4 (+2,12%)

【ジャカルタ】PT Estetika Tata Tiara Tbk (BEEF)の売上高は2020年第1四半期まで、Rp 374.19 billionを記録された。それはRp 278.27 billionの2019年第1四半期に比べ、34.47%伸びた。

BEEFの2020年3月31日に終了した財務諸表によれば、その売上高への最大の貢献はRp 196.75 billionの生物資産によるものであった。Rp 80.76 billionを貢献した内臓肉・牛肉品(輸入)、Rp 60.05 billionを貢献した先行量産製品、Rp 29.87 billionを貢献した内臓肉・牛肉品(国内)、Rp 6.74 billionを貢献したその他が続いた。

その売上原価はRp 231.42 billionの2019年第1四半期に比べ、2020年第1四半期、Rp 371.13 billio、前年比、60.36%伸びた。それは今年頭、増えた生物資産目録が原因であった。その生物資産はRp 15.51 billionの2019年第1四半期に比べ、2020年第1四半期、Rp 110.46 billionに急上昇した。

2020年第1四半期、その流通経費はRp 10.64 billionに増加し、その他の経費はRp 7.25 billionを記録された。結果として、その純損失は2020年第1四半期、Rp 32.69 billionを記録され、Rp 14.93 billionの純利益を記録された2019年第1四半期に比べ、減少した。 (NR/LM)