【ジャカルタ】COVID-19の世界的流行にもかかわらず、2020年5月まで、スイスへのインドネシアの輸出額は大幅な成長を記録した。

スイスインドネシア大使、Muliaman Hadad氏がその成長は集約促進やインドネシアとスイスの間の協調が主に引き起こされたと語った。「2020年5月まで、スイスへのインドネシアの輸出額はUS$ 1 billion以上に及びました。それはUS$ 988 millionを記録された2019年中に比べ、増加しました。」と2020年7月16日(木)、Setkab.go.idから引用されたように、Hadad氏は述べた。

Hadad氏によると、2020年5月まで、スイスからインドネシアの輸入額はUS$ 308 millionに及んだ。それは2019年同期に比べ、74%伸びたそうである。

「他の資源から供給チェーンは世界的流行が混乱される可能性がある為、これは我々にとって便乗する契機です。」とHadad氏は述べた。 (NR/LK/AR)