【ジャカルタ】通商省は2020年8月用粗パームオイルとカカオと言う2つ輸出品の基準価格の変更を発表した。それはNo.66/2020と言う通商省の規制に関連し、通商省の国際貿易事務局長、Srie Agustina氏が述べられた。

Agustina氏が粗パームオイルの基準価格は2020年8月用、メトリックトン当たりUS$ 656.98を設定され、メトリックトン当たりUS$ 622.47を記録された2020年7月より、高い。一方、ココア豆の基準価格は2020年8月用、メトリックトン当たりUS$ 2,196.66を設定され、メトリックトン当たりUS$ 2,369.22を記録された2020年7月より、低いと語った。

Agustina氏が下がるココア豆価格は低迷する国際市場の物価が引き起こされたと語った。「この低下は5%に留まるココア豆の輸出税に影響はありません。」とAgustina氏は述べた。 (NR/LK/AR)