【ジャカルタ】2020年8月4日まで、政府はRp 85.34 trillionの社会的保護予算を使途した。

その資金は家庭希望プログラム(PKH)や主食カードや直接社会的補助に流通された。それだけではなく、その資金はインドネシアの3400万の世帯用電気代の助成金を提供する為、使途された。

財務大臣、Sri Mulyani Indrawati氏がその補助はCOVID-19の世界的流行の影響を受けた低所得者達を助ける為、与えられたと2020年8月4日(水)にインスタグラムアカウントに語った。 (NR/AM/AR)