【ジャカルタ】公共事業・公営住宅省は様々な地域における工業地域や観光地域など経済成長センターの間の連結性を向上する努力を続ける。その一つはスマラン市岸壁と統合される27キロメートルのスマラン−デマック有料道路プロジェクト建設である。

「この間、トランスジャワ有料道路はメラックからパスルアンまで就任されました。そして、我々はそれをバニュワンギに持続していきます。又、スマランの潮津波を取り組み、岸壁と兼ね備えられるスマラン−デマック有料道路を建てております。」と公共事業・公営住宅大臣、Basuki Hadimuljon氏は述べた。

マラン−デマック有料道路の建設は事業体政府協調(PPP)制度の下に行われる。その有料道路は2つセクションに分割される。10.69キロメートルの長さを持っているそのセクション1(スマラン−サユン)は政府支援である。一方、16.31キロメートルの長さを持っているそのセクション2(サユン−デマック)は有料道路事業体(BUJT)PT Pembangunan Perumahan Semarang Demakの責任である。

そのセクション1建設はグリーンブック提出中であり、最終エンジニアリングデザイン企画を準備しおり、2022年末まで、完成される予定である。一方、そのセクション2建設の進歩は土地取得の30.53%、物的プロジェクトの10.56%に及び、2022年6月に完成される予定である。

約Rp 15.3 trillionの投資額を持っているその有料道路の建設は請負人としてPT Wijaya Karya−PT Pembangunan Perumahan KSO、監視コンサルタントとしてPT Virama Karya及び企画コンサルタントとしてPT LAPI−ITBが行われる。 (NR/LM)