【ジャカルタ】金融庁(OJK)はPT Bank Perkreditan Rakyat (BPR) Lugano Bekasiの経営陣や株主が資本構造を向上する事を失敗した為、その認可証を取り消した。

以前、金融庁(OJK)は12%未満の最低限の自己資本比率の為、特別監修下(BDPK)としてBPR Luganoを分類していた。

「特別監修下(BDPK)の状態はBPRの経営陣が健全銀行経営の原則に関する慎重さで成就の原則に 注意を払わないので、与えられました。」と公式声明を通し、金融庁(OJK)の第2地域西ジャワ担当所長、Triana Gunawan氏は述べた。

Gunawan氏が預金保険機構は2019年7号法律によって、BPR Luganoを整理すると付け加えた。したがって、彼はBPR Luganoの顧客に預金された資金は預金保険機構が保証される為、落ち着いてるよう、訴求した。

しかし、idnfinancials.comが編集されたデータによると、BPR Luganoは2020年6月頭に、8%の預金率を提供した。それは7.75%であった2020年7月30日〜9月30日、BPRに対する預金保険機構が保証された金利より、高い。 (NR/KR/AR)