WSBP - PT. Waskita Beton Precast Tbk

Rp 156

-1 (-0,64%)

【ジャカルタ】PT Waskita Beton Precast Tbk (WSBP)が2020年8月16日(日)に北ジャカルタのマルンダにおけるチビトゥン−チリンチン有料道路プロジェクトセクション4の建設崩壊はその周辺地域の交通を混乱させていないと断言した。

日曜日の午後、チビトゥン−チリンチン有料道路プロジェクトセクション4の建設が崩壊し、8名の従業員を損ねられた。その8名の従業員はブカシのチトラハラパンインダー病院に運ばれた。

「皆さんの従業員は退院させて頂きました。」と2020年8月17日(月)にIDNFinancials.comが受取った公式声明にWSBPの会社秘書役、Ales Okta Pratama氏は述べた。

Pratama氏がWSBPは作業現場を滅菌しており、その事件を調査する為、内部チームを作ったと付け加えた。その崩壊の当時、周辺地域の交通は平常に行われていた。

「改修工事は直に行われます。」とPratama氏は述べた。 (NR/MS)