ACST - PT. Acset Indonusa Tbk

Rp 163

-2 (-1,00%)

SUBANG-PT Acset Indonusa(ACST)は、長さ1.5 km、プロジェクト価値2,600億ルピアの西ジャワ国際空港アクセス有料道路のパッケージIIの請負業者に任命されました。

有料道路のパッケージIは、PT Pembangunan Perumahan(Persero)Tbk(PTPP)によって開発されています。全体として、クルタジャティ空港へのアクセス有料道路は3.7 kmの長さであり、2021年末までに運用を開始する予定です。

「このアクセス有料道路の開発は、国の発展に対するアストラグループの具体的な貢献を反映しています。このプロジェクトにより、クルタジャティの西ジャワ国際空港へのアクセスが容易になり、一般の人々の全体的な接続性が向上することを願っています」と、ACSTの社長であるIdot Supriadiは、月曜日(7/9)にIDNFinancials.comが受け取った公式声明で述べています。

月曜日のプロジェクトの起工式には、公共事業および公営住宅大臣のバスキ・ハディムルジョノと西ジャワ州政府の代表者が出席しました。完了すると、有料道路はチパリ有料道路をクルタジャティ空港に接続します。 (MS / PW)