【ジャカルタ】Bank Indonesia (BI)は2020年7月にUS$201.8 billionの公的債務、US$207.9 billionの民間債務を含むUS$409.7 billionに及んだインドネシアの対外債務を記録した。

BIの通信役重役、Onny Widjanarko氏によると、その対外債務の成長は4.1%に及び、5.1%の前年同期に比べ、低下したそうである。「これは政府の対外債務の比較的安定な成長の最中に民間の対外債務の低下が原因です。」と2020年9月15日(火)に公式声明にWidjanarko氏は述べた。

Widjanarko氏が政府の債務位置は2020年7月末まで、US$199 billionを記録され、2.1%の前年同期に比べ、2.3%伸びたと語った。それは幾つかの多角官庁からのコミットメント引き出しやコロナウィルス(COVID-19)世界的流行の取扱や国家経済回復プログラムを含む融資の必要条件を満たすサムライ債発行が引き起こされた。

Widjanarko氏がその対外債務の成長は2020年7月に6.1%に及び、8.3%の前年同期に比べ、低下したと付け加えた。「これは低迷する非金融機関や金融機関の対外債務の成長が影響されました。」とWidjanarko氏は述べた。 (NR/LK/MS)