【ジャカルタ】自動車起業家は自動車市場を支援する励みとして新自動車税を取り去る政府にに関する疑問を持っている。

PT Indomobil Sukses International Tbk (IMAS)の監査役会長、Soebronto Laras氏が自動車セクターからの税金は非常に大きと言う根拠でその疑問を説明した。

又、Soebronto氏がCOVID-19の前、国は自動車セクターからRp 84 trillionの税金を受取ったと明らかにした。「政府は刺激を提供せざるを得ない場合、その潜在的は消えていきます。」と今週、cnbcindonesia.comから引用されたように、Soebronto氏は述べた。

自動車セクターは実に、中央政府と自治体の為、大きな所得を提供する。中央政府は主に、贅沢品売上税(PPnBM)や付加価値税(VAT)、より大きい割前を得た一方で、自治体はオートバイ税(PKB)から2.5%の所得を、オートバイ書名記入手数料(BBNKB)からの所得を受取る。 (NR/AM/AR)